銀行員からのRailsエンジニア

銀行員からのRailsエンジニア

銀行員から転身したサービス作りが大好きなRailsエンジニアのブログです。個人で開発したサービスをいくつか運営しており、今も新しいサービスを開発しています。転職して日々感じていること、個人開発サービス運営のことなどを等身大で書いていきます。

【元銀行員の僕が教える】銀行のちょっと面白くて、役に立つこと 〜信用創造・ペイオフ編〜

こんにちは。ゆうすけです。

いきなりですが、実は僕、今はエンジニアをしていますが、新卒から4年間は銀行で中小企業から上場企業までを相手に、融資の提案などをしていました。

f:id:ysk_pro:20180915104907j:plain

1. この記事を書いたきっかけ

僕が今勤めている会社では、毎週金曜に、参加自由・発表自由・テーマ自由のゆるーいLT会があります。

みんな色んなテーマのことをLTしてて面白い、、!

 

そこで銀行に勤めていた経験から、「銀行について知ってたら面白いこと、役に立つこと」というテーマでLTしてみたら、みんなが興味示してくれたので、ブログにもしちゃおうかな〜と思いました。

シリーズ化も考えてますーー。

 

2つのことについて書いていきます。

 

2. 信用創造

f:id:ysk_pro:20180915090759p:plain

1つ目は信用創造についてです。

これは社会に対して銀行が担っている、重要な役割の中の1つです。

信用創造を一言で言えば、銀行がお金を貸せば貸すほど、世の中にお金が増えていく仕組み、となります。

ちょっと意味がわかりませんよね(笑)

次の図で解説しています。

f:id:ysk_pro:20180915090820p:plain

<図中の取引の説明>

① 銀行が100万円持っています

② 銀行はその100万円を会社Aに融資します

③ 会社Aはその100万円全額をすぐに使う予定はないので、90万円を銀行に預金します

④ 銀行はその90万円を会社Bに融資します

⑤ 会社Bも会社Aと同様に、全額をすぐに使う予定はないので、80万円を銀行に預金します

 

すると、、、会社A・会社B・銀行が使うことができるお金の合計は270万円(図中の赤字部分)になっています、、、!

銀行がお金を貸しただけで世の中のお金が増えましたよね。

ざっくりとですがこれが信用創造で、銀行が社会に果たしている重要な役割の1つなのです。

 

3. ペイオフ

f:id:ysk_pro:20180915090847p:plain

2つ目は知っておくと役立つことです。

最近、マイナス金利などで銀行の経営が危ないっていうニュース多いですよね〜。

銀行がもし、もし潰れてしまったら、預けている預金はどうなるんでしょうか、、、?

ちょっと心配ではないですか? 

 

f:id:ysk_pro:20180915090856p:plain

実は、銀行が潰れても、1人1銀行につき、元本1,000万円とその利息については、預金保険制度(ペイオフ)によって補償されます

なので、預金が1,000万円以上ある方は、銀行を分けて預金しておくとベターです。

 

 

ちなみに、信用創造の2枚目の図と、ペイオフの2枚目の図は、僕が夜な夜な資料を作っていたら、センスの無さに見かねて妻が綺麗にしてくれました。

めちゃ見やすい、、、すごい。

 

4. おわりに

いかがだったでしょうか?

当たり前のことばかりですか??

僕は信用創造を初めて知った時は、おおー、面白い、銀行すごいな〜と思いました。

 

そんな僕が銀行を辞めた理由・ITエンジニアになった理由についてはこちらのnoteに詳細を書き、多くの反響をいただいておりますので、もしよろしければ合わせて読んでみてください!

note.mu

お読みいただきありがとうございました。

次回は何を書こうかな〜〜