銀行員からのRailsエンジニア

銀行員からのRailsエンジニア

銀行員から転身したサービス作りが大好きなRailsエンジニアのブログです。個人で開発したサービスをいくつか運営しており、今も新しいサービスを開発しています。転職して日々感じていること、個人開発サービス運営のことなどを等身大で書いていきます。

【読書まとめ27】Atomic Design 〜 堅牢で使いやすいUIを効率よく設計する

Atomic Designについて体系的に学ぶため「Atomic Design 〜 堅牢で使いやすいUIを効率よく設計する」を読んでポイントをまとめました。Atomic Designやその周辺知識をまとめて得ることができたので読んで良かったです。

自己yieldについて【Ruby】

Rubyの自己yieldについてまとめました。自己yield は、ブロックを渡されたメソッド内で yield self としてオブジェクト自身(self)を引数としてブロックに渡すことを言います。

Waiting for table metadata lockとオンラインDDLについて【MySQL5.6】

MySQLで Waiting for table metadata lock のエラーが発生して、詳しく知りたくなったので、関連しているオンラインDDLとともに調べ、手元で試してみたことをまとめました。

attr_accessor(attr_writer)でインスタンス変数をセットするときはselfを省略できない【Ruby】

Rubyのアクセスメソッド attr_writer, attr_accessor でインスタンス変数をセットするときにレシーバ(self.)を省略できないことについてまとめました。

【技術書まとめ26】リファクタリング Rubyエディション

様々なリファクタリングのパターンについて、Rubyを使って説明している名著「リファクタリング Rubyエディション」を読んでポイントをまとめました。今まで読んだ技術書の中でもトップクラスに学ぶことが多かったです。

抽象スーパークラスからモジュールへ【リファクタリング Rubyエディションまとめ8】

リファクタリング Rubyエディションで紹介されている「抽象スーパークラスからモジュールへ」についてまとめました。継承関係を持っているものの、スーパークラスのインスタンスを生成させたくない場合に有効なリファクタリングです。

AtCoderで水色になりました!【やってきたことやコンテスト中に意識していること】

AtCoderを始めて9ヶ月、ついに水色になれたので、緑色になってから水色になるまでにやってきたことやコンテスト中に意識していることをまとめました。

サンドイッチメソッドの抽出【リファクタリング Rubyエディションまとめ7】

リファクタリング Rubyエディションで紹介されている「サンドイッチメソッドの抽出」についてまとめました。ほとんど内容が同じメソッドが複数あり、違いがメソッドの途中にある場合に有効なリファクタリングです。

ABC168 E「∙ (Bullet)」の解説 【AtCoder Beginner Contest】

AtCoder Beginner Contest 168 の E 問題「∙ (Bullet)」について極力丁寧に解説をしてみました。

コンストラクタからファクトリメソッドへ【リファクタリング Rubyエディションまとめ6】

リファクタリング Rubyエディションで紹介されているリファクタリングパターン「コンストラクタからファクトリメソッドへ」についてまとめました。シンプルなサンプルコードを使って説明しています。

タイプコードからポリモーフィズムへ【リファクタリング Rubyエディションまとめ5】

リファクタリング Rubyエディションで紹介されているリファクタリングパターン「タイプコードからポリモーフィズムへ」についてまとめました。case文での条件分岐が存在する場合に有効なリファクタリングです。シンプルなサンプルコードを使って説明していま…

リモートワークでのデスク環境の紹介

リモートワークが始まって3ヶ月目に入り、自宅のデスク環境をコツコツ改善してきた結果、ある程度完成したのでブログにまとめてみます。

nullオブジェクトの導入【リファクタリング Rubyエディションまとめ4】

リファクタリング Rubyエディションで紹介されているリファクタリングパターン「nullオブジェクトの導入」についてまとめました。nilチェックが多いコードに有効なリファクタリングです。シンプルなサンプルコードを使って説明しています。

継承から委譲へ【リファクタリング Rubyエディションまとめ3】

リファクタリング Rubyエディションで紹介されている「継承から委譲へ」についてまとめました。シンプルなサンプルコードを使って説明しています。

モジュールの抽出【リファクタリング Rubyエディションまとめ2】

リファクタリング Rubyエディションで紹介されている「モジュールの抽出」についてまとめました。シンプルなサンプルコードを使って説明しています。

委譲の隠蔽【リファクタリング Rubyエディションまとめ1】

リファクタリング Rubyエディションで紹介されている「委譲の隠蔽」についてまとめました。シンプルなサンプルコードを使って説明しています。

Rubyによるデザインパターンのまとめ【各パターンをオリジナルのコードで説明】

Rubyによるデザインパターンで紹介されている16パターン全てを5ヶ月かけてアウトプットしたので、それをまとめました。各パターン、オリジナルのシンプルなコードを使って説明しています。

【Rubyによるデザインパターンまとめ16】Convention over Configuration

「Rubyによるデザインパターン」で解説されている「Convention over Configuration」についてまとめました。Rails の scaffold に似た機能を実装してみました。

Rubyでのデザインパターンの適用例(ストラテジーパターン、テンプレートメソッドパターン)

すごくシンプルな Rubyのコードで、デザインパターン((ストラテジーパターン、テンプレートメソッドパターン))が適用できるケースを考えてみたので宜しければ参考にしてみてください。

【Rubyによるデザインパターンまとめ15】メタプログラミング

「Rubyによるデザインパターン」で解説されている「メタプログラミング」についてまとめました。attr_reader と同じ機能を、メタプログラミングを使って実装しながら説明しています。

【Rubyによるデザインパターンまとめ14】DSL(ドメイン特化言語)

「Rubyによるデザインパターン」で解説されている「DSL(ドメイン特化言語)」についてまとめました。Railsのコードで実際に使われている箇所をピックアップして説明しています。

【Rubyによるデザインパターンまとめ13】インタプリタパターン

「Rubyによるデザインパターン」で解説されている「インタプリタ(Interpreter)パターン」についてまとめました。サンプルコードを使って説明しています。

【Rubyによるデザインパターンまとめ12】ビルダパターン

「Rubyによるデザインパターン」で解説されている「ビルダ(Build)パターン」についてまとめました。問題のあるコードをビルダパターンでリファクタリングしていく形式で説明しています。

【Rubyによるデザインパターンまとめ11】ファクトリメソッドパターン

「Rubyによるデザインパターン」で解説されている「ファクトリメソッド(Factory Method)パターン」についてまとめました。問題のあるコードをファクトリメソッドパターンでリファクタリングしていく形式で説明しています。

AtCoderで緑色になりました!【やってきたことまとめ】

AtCoderを始めて5ヶ月、目標としていた緑色になれたのでここまでやってきたことなどをまとめました。そもそもAtCoderとは何かや、モチベーションの維持方法についても書きました。

【読書まとめ25】スクラムブートキャンプ(SCRUM BOOT CAMP THE BOOK)

スクラムについて一から解説している「スクラムブートキャンプ」を読んでまとめました。この本の紹介に書いてある「はじめて『スクラム』をやることになったら読む本」という言葉通り、マンガをはさみながらの説明はとても分かりやすかったです。

【Rubyによるデザインパターンまとめ10】シングルトンパターン

「Rubyによるデザインパターン」で解説されている「シングルトン(Singleton)パターン」についてまとめました。オリジナルのサンプルコードを使って説明しています。

移動時間で絞り込めるゴルフ場検索サービス「楽々ゴルフ」を作りました

ゴルフ場を都道府県でしか絞り込めない既存のサービスにうんざりしていたので、移動時間で絞り込めるゴルフ場検索サービスを作りました。使用した技術についても記載しています。

【Rubyによるデザインパターンまとめ9】デコレータパターン

「Rubyによるデザインパターン」で解説されている「デコレータ(Decorator)パターン」についてまとめました。オリジナルのサンプルコードを使って説明しています。

エンジニア2年目の2019年振り返り

エンジニア2年目の2019年が終わるので、今年1年何をしてきたかを振り返りました。個人開発、新しい分野の勉強、勉強会運営、海外カンファレンス参加、競技プログラミング(AtCoder)など色々なことに取り組めた1年でした。