銀行員からのRailsエンジニア

銀行員からのRailsエンジニア

銀行員から転身したサービス作りが大好きなRailsエンジニアのブログです。個人で開発したサービスをいくつか運営しており、今も新しいサービスを開発しています。転職して日々感じていること、個人開発サービス運営のことなどを等身大で書いていきます。

AWSの資格(SAA-ソリューションアーキテクトアソシエイト)に合格するまでにやったこと・感想

こんにちは。

昨日、AWSの資格(SAA - ソリューションアーキテクト アソシエイト)に合格しました!嬉しい!

2週間前に1度落ちてからの合格と、それなりに苦労したので、合格するまでにやったことや、この資格を勉強した感想などを書いておきます。

f:id:ysk_pro:20190818074323p:plain

AWS SAA(ソリューションアーキテクトアソシエイト)資格とは

認定によって検証される能力

  • AWS のテクノロジーを使用して安全で堅牢なアプリケーションを構築およびデプロイするための知識を効果的に証明すること
  • 顧客の要件に基づき、アーキテクチャ設計原則に沿ってソリューションを定義できること
  • プロジェクトのライフサイクルを通して、ベストプラクティスに基づく実装ガイダンスを組織に提供できること

AWSの公式ページより抜粋)

AWSの資格は色々とあるのですが、SAAが一番幅広く学べそうな印象でした。

 

なぜ受けたのか

僕が勤めている会社のサービスでAWSを使っているのですが、仕事をしている中でSREチーム(インフラチーム) の話についていけず、まずいと思ったことがきっかけです...

SREチームの方に勉強方法を聞いたところ、このSAA資格のことを教えていただき、せっかくなので資格を取ることに決めました。

 

合格するまでにやったこと

参考書2冊

AWS認定資格試験テキスト AWS認定 ソリューションアーキテクト-アソシエイト

AWS認定資格試験テキスト AWS認定 ソリューションアーキテクト-アソシエイト

 

この2冊を使いました。

この2冊の選定理由としては、最近発売されたことAWSのサービスはどんどん変わるので、それに伴って試験問題も変わります)、模擬試験が含まれていること(この試験では過去問などが公開されていないので本番を想定した問題はかなり貴重です)です。

個人的には下の黄色い方がオススメです!(説明が分かりやすく、模試の問題数も多かった) 

 

Udemy

サービスを理解して使えるようにすることが真の目的だったので、実際に手を動かしながら学べるUdemyもやってみました。

主要なサービスについて、解説があった後に実際に触っていく形式です。

多くのサービスを実際に触るのでかなり時間はかかったものの、使用するイメージがつき、楽しく学べました。

僕が受講したのはこちらのコースです。

これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座(初心者向け21時間完全コース)

Udemyで頻繁に行われているセール期間中には2,000円以下になるので、そこが狙い目です。

 

Amazon Black Belt セミナー資料

Black Belt というのはセミナーの名前で、AWSがネット上で公開している各サービスについての資料です。

これがかなり分かりやすく、AWS公式の説明資料なのでおすすめです。

ご参考として、EC2の資料を埋め込みます。

初心者向けにかなり丁寧に解説していることが分かると思います。

全てのサービスについての資料はこちらから見ることができます。 

上で紹介した黄色い方の参考書(この1冊で合格! AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト テキスト&問題集)には、試験におけるサービス毎の重要度が3段階で書かれているのですが、 ☆☆☆のサービスは3回、☆☆のサービスは2回、☆のサービスは1回以上こちらの資料を読むようにしました。

SAA資格は過去問が無く、AWSが公式で出している問題も少ないので、AWSが公式で出しているBlack Beltセミナー資料は必ず目を通しておくべきだと思います。

ちなみに、1度目に資格試験に落ちた際には、こちらの資料に目を通していなかったことも敗因の1つだった気がします...

 

資格を勉強した感想

かなり苦労しましたが、勉強して良かった!と思っています。

資格取得のきっかけになった、SREチームの方が話していた内容もだいぶ分かるようになり、会社で自分が開発しているサービスの構成も分かるようになり面白いです。

AWSに苦手意識のある方、一度体系立てて勉強したい方AWS SAAの資格取得はおすすめです。